WiMAX2+口コミ比較

うまく利用すればWiMAX2+の速度制限も怖くない!リセットのやり方もOK

WiMAX2+の3日あたり10GB超えたときの通信速度制限の対処法と解除法

2017年2月からWiMAX2+は「前日までの直近3日間の通信量が10GBを超える」と通信速度の制限が始まりました。以前は「3日間あたり3GB」だったので、規制が緩和されたということになります。

WiMAX2+が速度制限される時間帯は、10GBを超えた翌日の18時ころから26時(午前2時)ころまでです。通信速度は上り下り最大1Mbpsまでになります。

ちなみに、この時間帯以外は速度制限中であっても高速通信で利用できます。

実際にWiMAX2+の速度制限を体験して思うこと

WiMAX2+モバイルルーターのW04はホーム画面で3日間の通信量を確認できる

なかなか他人と比較するのは難しいですが、自分の中では動画をそこそこ視聴する生活をしていると思っています。過去に速度制限を喰らったのは月に2回までです。3日間フルに制限が1回と1日間だけの1回です。

今日は何GBまで使うぞ!という利用はしていません。自分が利用中のWiMAX2+モバイルルーターW04は、待ち受け画面に3日間の通信量が表示されます。それを見て、今日は動画を観ても大丈夫そうだなと判断したり、残り1GBも無いから今日は我慢しようというアバウトな方法でWiMAX2+を利用しています。

WiMAX2+の速度が1Mbpsに制限されたときの感想

当然ならがWiMAX2+の速度が落ちるので、「なんか遅くなった!?」は感じます。

サイトの閲覧くらいなら問題はありませんが、動画の視聴は通常より読み込みに時間が掛かってしまいます。その場合は動画の画質を下げて観ています。まとめて観たいときや映画など長時間視聴したい場合は、3日間で10ギガ未満に抑えて制限解除してから観るようにしています。

若者だと速いのが当たり前の世代なので苦痛かもしれませんが、低速時代を知る自分には我慢できるスピードと感じています。

WiMAX2+の速度制限が解除されない時の対処法

WiMAX2+ルーターを再起動すれば通信速度の制限がリセットされる

通信速度の制限は自動でされますが、ぴったり18時から始まるのではなく多少のズレがあります。反対に制限がリセットされるのは深夜2時以降になりますが、自動では解除されません。WiMAX2+ルーター本体を再起動させる必要があります。本体を起動させたままだとずっと解除されないので注意です。

再起動しても通信速度が戻らない!場合は、「ハイスピードプラスエリアモード」になっていた可能性があります。このモードは月間通信量が7GBまで高速通信が出来ます。購入月なら「ギガ放題プラン」ではなく安い「フラットプラン」で契約していた可能性もありえます。一度、契約内容を確認してみましょう。

通信速度を制限するのはUQ側なので、WiMAX2+ルーター側で制御している訳ではありません。そのため、スピードが戻らない原因が本体側にあるということは基本的にはありません。

WiMAX2+の高速通信の使い方を考えてみる

人それぞれライフスタイルがあるのですべての人に当てはまる訳ではありませんが、基本的に日曜日が休みな生活をしている人を例にし、WiMAX2+の高速通信の使い方を考えてみます。

最大で1ヶ月8日間は夜間帯で高速通信ができる

通信制限の発動は「直近3日間で10GB」なので、ダウンロードしまくりたい日を決めれば、1日限りなら何GBでも通信ができます。極端ですが、4日に1度は使い放題できるということです。1ヶ月だと最大8日間ですね。

※例:上のカレンダー画像の青丸印の日に使いまくる

もちろ制限中は3日で10GB未満に抑えなければ解除できません。ただ、この案ですと平日に使い放題できても、休日は時間帯と通信量を気にして使わなければならない時が出てきます。デメリットですね。

次に日曜日を使い放題にする案を紹介します。

WiMAX2+を日曜日に使いまくる型

日曜日に使い放題する案

日曜日に使い放題の日と設定するのなら、木曜日から土曜日までを10GB未満に抑える必要があります。月曜日から制限が開始されるので、最短で制限が解除され夜間に高速通信ができるようになるのが木曜日からです。

ただ、木曜日からは10GB未満に抑えないと、次の日曜日に高速通信で使い放題できないのが悩みどころです。ここで2つの考えがあります。

1つは月曜日から速度制限されても気にせず水曜日まで使い続ける案

平日は低速で我慢する案

木曜日から制限と覚えて実行するだけなので、常に通信量を気にする必要がありません。デメリットは日曜日しか夜間の高速通信ができないのと、日曜日に急用が出来てあまりネットをしない日になったとき。これは仕方のないことだし、たまにはあるでしょう。土曜日の方が暇そうなら水曜日から3日10GB未満を意識して使う。

もう1つは平日は10GB未満にする案

臨機応変に対応する案

これだと木曜日からは通信量の問題があるものの、夜間は高速通信ができ、スケジュールの変更に対処しやすいこと。例えば週末忙しいことがわかれば、木か金曜日に使いまくるなど。デメリットは日々の通信量を常に確認すること。

WiMAX2+をあえて土曜日に使いまくる型

土曜日から日曜日の制限が始まる18時ころまでWiMAX2+を使いまくる案

なぜ、”あえて”なのかと言いますと、通信速度の制限が始まるのは翌日からなので、土曜日に使いまくっても日曜日の18時までは高速通信ができます。日曜日の夜はテレビメインで過ごすならアリな方法だと思います。

制限後の速度1Mbpsでどれくらい通信出来るのか?

wimax2+の速度制限中のスピードと通信量の目安

制限時間帯8時間で約3.4GB(3,400MB)分の通信ができます。無線なので通信速度が一定ではありませんが、目安としてはこんな数字になります。

単純に大きいファイルをダウンロードしたいだけなら、寝る前にダウンロードを始めて、翌朝には終わっている方法が無難でしょう。

問題はストリーミング動画です。リアルタイムで速度が出ないとどうしようもありません。1Mbpsだと途切れがちになりストレスが溜まります。こればっかりは観たい動画を絞って、視聴したい日に備えるしか方法はないです。諦めきれない人は固定回線を敷くか、WiMAX2+を複数台契約する荒業しかないです。※実際に居ます

トップページに移動する→WiMAX2 +口コミ比較