WiMAX2 +で3日あたり10GBまでの通信量制限が始まった時の対処法

WiMAX2 +の高速通信の使い方を考えてみる

2017年2月からWiMAX2 +は「前日までの直近3日間で10GB」の制限が始まりました。1月までは「3日間で3GB」だったので規制が緩和されたということになります。しかも、速度が制限される時間帯が翌日の18時ころから26時(午前2時)だけで、この時間帯以外は自由に使えることになります。仕事が終わる時間帯から寝床につく時間帯でもありますが、みなさんが使いたいときに速度が出ないのも辛いことです。

では、どうすれば良いのか少し考えてみます。

最大で1ヶ月8日間は夜間帯で高速通信ができる

規制発動は「直近3日間で10GB」なので、ダウンロードしまくりたい日を決めれば、1日限りなら何GBでも通信できます。極端ですが、4日に1度は使い放題できるということです。1ヶ月だと最大8日間ですね。もちろん規制中は3日で10GB未満 に抑えなければ解除できません。ただ、この案ですと平日に使い放題できても、休日は時間帯と通信量を気にして使わなければならないのがデメリットです。

次に日曜日を使い放題にする案を紹介します。

日曜日に使いまくる型

日曜日に使い放題する案

日曜日に使い放題の日と設定するのなら、木曜日から土曜日までを10GB未満に抑える必要があります。月曜日から規制が開始されるので、最短で規制が解除され夜間に高速通信できるようになるのが木曜日からです。 ただ、木曜日から10GB未満に抑えなければ、次の日曜日に高速通信で使い放題できないのが悩みどころです。ここで2つの考えがあります。

1つは月曜日から速度制限されても気にせず水曜日まで使い続ける案

平日は低速で我慢する案

木曜日から制限と覚えて実行するだけなので、常に通信量を気にする必要がありません。デメリットは日曜日しか夜間の高速通信ができないのと、日曜日に急用が出来てあまりネットをしない日になったとき。これは仕方のないことだし、たまにはあるでしょう。土曜日の方が暇そうなら水曜日から3日10GB未満を意識して使う。

もう1つは平日は10GB未満にする案

臨機応変に対応する案

これだと木曜日からは通信量の問題があるものの、夜間は高速通信ができ、スケジュールの変更に対処しやすいこと。例えば週末忙しいことがわかれば、木か金曜日に使いまくるなど。デメリットは日々の通信量を常に確認すること。

規制後の速度1Mbpsでどれくらい通信出来るのか?

規制時間帯8時間で約3.4GB(3,400MB)分の通信ができます。無線なので通信速度が一定ではありませんが、目安としてはこんな数字になります。

単純に大きいファイルをダウンロードしたいだけなら、寝る前にダウンロードを始めて、翌朝には終わっている方法が無難でしょう。

問題はストリーミング動画です。リアルタイムで速度が出ないとどうしようもありません。1Mbpsだと途切れがちになりストレスが溜まります。こればっかりは観たい動画を絞って、その日に備えるしか方法はないです。諦めきれない人は固定回線を敷くか、WiMAX2 +を複数台契約するなど荒業しかないです。

トップページに移動する→WiMAX2 +口コミ比較