フレッツ光回線からWiMAX2 +に変更した方が良い場合もある

これまではメイン回線ならフレッツ光回線だったのだが……

スマホがまだ主流ではない時代、インターネットをするには電話回線が必要でした。通信速度もとても遅く、文字の送受信がメインでした。時代とともに通信回線も高速化、低価格化して一般家庭に普及していきました。普及した当時はもう十分な通信速度で、これ以上の高速化は必要ないのではとも思いました。

さらに携帯電話回線も高速化が進み、スマホも登場し、ADSLやフレッツ光など固定回線が無くともインターネットが楽しめる時代になり、現在に至ります。

ただ、光回線の方が通信速度が速く、安定しており、通信量の制限も無いので、4G・LTEなど携帯電話回線だけあれば十分とまでにはなっていません。

しかし、ここ1、2年の間にフレッツ光回線に関する問題が度々ニュースになることがありました。

フレッツ光なのに通信速度が遅いときがある

フレッツ光回線は契約するプランによって違いはありますが、下り最大100Mbps~1Gbpsで高速通信ができます。反応が遅いと感じる場合、大体はサーバー側が問題でした。

それが、最近は夜になると低速化することが目立ってきました。原因は高速回線が普及したのと同じくYoutubeやニコニコ動画などの動画サイト、クラウドサービスが普及したせいです。仕事を終えて自宅に帰宅する時間帯から回線利用が増え、ピーク時には通信速度が1Mbpsを切る家も出てきました。

OCNではお客さまのご利用状況に合わせて通信設備の増設に努めておりますが、インターネットの利用方法の多様化などにより、一部のお客さまが通信設備の大部分を利用することで、全体の通信速度が著しく低下する事象が発生しております。

出典:インターネットを快適にご利用いただくための取り組み

フレッツ光回線が遅い時間帯にWiMAX2回線を利用するのもアリ

マンションやアパートなどインターネット完備の賃貸物件だと、通信回線やプロパイダーの変更ができない場合があり、どうしようもなくなります。

そんなときに検討したいのがWiMAX2 +回線。WiMAX2 +回線は無線通信なので利用可能なサービスエリアがありますが、ギガ放題プランですと月間データ量上限ナシで利用できます。3日間で通信量10GB以上利用すると翌日に通信速度の制限(1Mbps)がありますが、18時から26時以外の時間帯なら通常の通信速度で利用できます。

WiMAX2を申し込む前にキャッシュバックキャンペーンをチェック

WiMAX2回線を利用する場合、複数のプロバイダーから選択することができます。回線の品質は変わらないので、各社キャッシュバック特典で勝負しているのが現状です。

トップページにはプロバイダー別のWiMAX2 +キャッシュバック特典や月額料金などをまとめてあります。

毎月キャンペーンが変わるので随時更新しています。どんな会社があるのか?一度確認してから申し込むのが良いでしょう。