新型WiMAX2ルーターと旧型の違いを比較解説!

新型W01、WX01と旧型HWD15、NAD11ルーターの違いを比較

220Mbps対応WiMAX2ルーター

2015年1月の発表会でWiMAX 2+ 220Mbps対応の「Speed Wi-Fi NEXT W01」と「Speed Wi-Fi NEXT WX01」の発売が紹介されました。ファーウェイ・ジャパン製品の「W01」は1月30日発売で、 NECプラットフォームズ製品の「WX01」は3月発売です。現在、110Mbpsまで対応の「NAD11」と「HWD15」あわせて4機種が選択できます。

WiMAX 2+ 220Mbps対応ルータとのスペック比較

スペック W01 WX01 HWD15 NAD11

表が表示されない場合はページ更新してみてください。

新機種の「W01」は旧型の「HWD15」と比べてだいぶスリムになった印象です。カラータッチパネルを搭載したり、軽量化して進化はしていますが、バッテリーの容量が減っ分だけ通信時間も減りました。220Mbps利用時のデータは未公開になっていますが、「WX01」を見るに6時間程度になりそうです。ただ、実際の利用だともう少し減るでしょう。 新機種を希望の方は「W01の口コミ」ページで口コミを確認しよう。

もう1つの新機種「WX01」は旧型「NAD11」の欠点だったバッテリーの容量を増やしてきました。電池が持たないなど苦情が多かったせいでしょうか。その分、重量も増えていますが、220Mbps利用時の数字を見ると、「NAD11」の電池の持ちと変わらない可能性はありそうです。

110Mbps対応WiMAX2ルーター

WiMAX2ルーターの通信方式の比較

スペック W01 WX01 HWD15 NAD11

表が表示されない場合はページ更新してみてください。

新機種の「W01」は完全にWiMAX2+回線がメインの使い方になります。WiMAXのエリアより狭いのがネックですが、そこは4G・LTEで対応するしかありません。ただし、4G・LTEを利用すると月7GBの通信量制限になるので注意です。

もう1つの新機種「WX01」はWiMAXとWiMAX2+両方の回線を利用できますが、回線の切り替え機能が無いのが欠点です。その点、旧型の2機種は切り替えが可能で、通信量の制限がないWiMAX回線(ノーリミットモード)をうまく利用すれば、新機種より便利かもしれません。旧機種を希望の方は「HWD15の口コミ」や「NAD11の口コミ」ページで口コミを確認。 回線の違いがわからない方はこちら「WiMAXとWiMAX2の違いを比較」で確認を。

「WiMAX2コスパ・口コミ比較」のトップページに戻る