WiMAX2+口コミ比較

WiMAX2+おすすめキャンペーン、モバイルルーターはコレだ!

【2018年】WiMAX2+モバイルルーターおすすめランキング!選び方から性能の比較まで

WiMAX2+ルーターのイメージ画像

WiMAX2+ルーターは何種類かありますが、できるだけ良い製品を知りたい!

しかし、選ぶポイントが良くわからない。どんな評判なのかわからないという方も多いでしょう。

モバイルルーターと言えば、ポケットWiFiやWi-Fi STATIONなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、月間通信量の制限なく通信できるのはWiMAX2+だけです。

その辺の違いや機種ごとの違いを詳しく解説していきますので、最後まで読んでいただくと購入の参考になると思います!

WiMAX2+ルーターの選び方について

まずはWiMAX2+エリア内なのかをチェック

WiMAX2+のエリアは全国をカバーしていますが、それでも人口比で99%と言われています。地方や山間部などへ行けば圏外表示される可能性が高いでしょう。 ピンクのエリア内だし大丈夫かと思う人も居るでしょうが、主に利用する場所が自宅なら、周りの高い建物に注意が必要です。何故なら、WiMAX2+回線は障害物には弱く 電波が通りにくくなるからです。周りがマンションやビルだらけなら、UQ WiMAXで一度お試しレンタル(Try WiMAX)をし、電波の受信状況を確認した方が絶対に良いです。

サービスエリアマップ:http://www.uqwimax.jp/area/

WiMAX2+ルーターの安定性

2018年1月現在、契約・購入できるWiMAX2+モバイルルーターはw05, w04, wx04, wx03の4機種でしょう。ただし、新旧交代のため旧型のw04とwx03は在庫限りになるはずです。プロバイダーのサイトから消えたら、新品で購入することは出来ません。

WiMAX2+ルーターの安定性ですが、この点に関してはスペックから読み取ることは難しいですし、どうしても口コミや評判などを読み、自分で購入するかしないかの決断をしなければなりません。

私はここ数年間ずっとWiMAX2+ルーターの評判を調べてきましたが、失敗する人の特徴の1つが何も調べずに購入する人です。使ってみたら不具合だらけだった。すぐ回線が切れる。電波が掴みづらい。頻繁に再起動するなど。商品としては何の問題も無く使えるのが当たり前ですし、そのつもりで購入する訳ですが、精密機器に関しては、ある程度の評判を確認してからではないとハズレを掴む率が上がります。

コストパフォーマンスが良いこと

サービスエリア、WiMAX2+ルーターと来たら次はコストパフォーマンスでしょう。他の携帯電話キャリアの通信料金より高額なら誰も利用しません。

最近は、月間のデータ通信量が多いサービスが増えてきています。auですとデータ定額30(月30GBで月額8,000円)、ドコモも同じ内容のウルトラデータLLパック(30GBで月額8,000円)、ソフトバンクは月間50GB使えるウルトラギガモンスター(月額7,000円+テザリングオプションとして月額500円)があります。

一方、WiMAX2+の月間通信量には制限がありません。3日あたり10GB以上を使うと翌日に通信速度が制限されるルールがありますが、1日に何十GB使おうが問題ありません。

それから、通信速度が制限される時間帯は18時ころから翌2時までの8時間です。それ以外の時間帯なら通常のスピードが出ます。

通信費のコストだけではなく、テザリングで利用することを考えるとWiMAX2+の方がメリットがあります。iPhoneなどでもテザリングが出来ますが、バッテリーのことを考えると10万円近くするiPhoneでバッテリーを消耗させるのは勿体無いと思います。

通常の利用でもバッテリーの持ちが気になるのに、充電しながらの利用が増えるとダメージが蓄積されるでしょう。

WiMAX2+のルーターなら中古品で安く手に入れらますし、故障のことを考えるとスマホで大容量のデータ通信と契約するより良いです。

2018年版!買って良かった最強のWiMAX2+ルーターおすすめランキング

1番おすすめ!Speed Wi-Fi NEXT W04

WiMAX2+対応 W04 2カラー

2017年2月発売|ファーウェイ製

  • 4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術で高速化
  • 下り最大708Mbps・上りが最大37.5Mbpsに対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • Bluetoothテザリングに対応
  • デザインがスティック型(縦型)

1番おすすめしたいWiMAX2+ ルーターはW04です。発売から1年近く経ち、最近は新型のW05が登場しました。通常なら新型の方が、性能が良くなるイメージがあります。しかし、W05はマイナーチェンジ止まりで、W04との性能差はありません。自動車販売と同じく、あくまでも販売促進のための新機種なのです。

W04のメリットは製品品質です。1年近く大きな不具合も無く、満足度が高い評判でした。私自身もW04を利用していますが、買って失敗したと思ったことは1度もありません。通信も安定して利用しています。

この安定感こそが通信機器の最大のメリットです。だからW04を1番おすすめします。

2番目におすすめ!Speed Wi-Fi NEXT W05

WiMAX2+対応 W05 2カラー

2018年1月発売|ファーウェイ製

  • 4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術で高速化
  • 下り最大708Mbps対応・上りが最大75Mbpsに高速化!
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • Bluetoothテザリングに対応
  • 前機種と比べ薄型化、軽量化

つい先日に発売されたW04の後継機W05。W04はアップデートで下り最大708Mbpsに対応しましたが、W05は最初から対応されています。デザインもWXシリーズぽくなり、スリムになりました。W04との最大の違いは上りが最大75Mbpsに対応したことでしょう。ただし、利用できるエリアが東名阪の一部であり、全国で利用できるようになるには時間が掛かりそうです。

発売されたばかりでルーターの安定性が未知数、性能差が少ない点、3年契約でしか購入できないなどを考慮して2番手にしました。

3番手のSpeed Wi-Fi NEXT WX03

WiMAX2+対応 WX04 2カラー

2016年12月発売|NECプラットフォームズ

  • 4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術で高速化
  • 下り最大440Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • スマホのアプリでQRコードを表示し無線LANに簡単接続
  • 通信量カウンターが3日間や1ヶ月表示が可能

発売した当時は最速の下り最大440Mbpsに対応しましたが、W05やW04のような下り最大708Mbpsには対応していません。しかし、下り最大708Mbpsのエリアはまだ狭いので、それほど気にすることではありません。

なぜ3番手なのかを説明しますが、WX03には短期間でバッテリーが膨張する不具合が多発しました。無償で交換してもらった報告があるものの、NECプラットフォームズのWiMAX2+ルーターはバッテリーの問題がよくあり、安心感に欠けます。

そんな訳で3番手にしています。

4番手のSpeed Wi-Fi NEXT WX04

WiMAX2+対応 W04 2カラー

2017年11月発売|NECプラットフォームズ

  • WXシリーズ初のau LTEに対応
  • 4×4MIMO技術とキャリアアグリゲーション技術で高速化
  • 下り最大440Mbps、上り最大30Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • Wi-Fiがビームフォーミングに対応

WX03の後継機のWX04は発売から2ヶ月ほど経ちました。WX03比ではLTE回線に対応、上りの速度とWi-Fiの性能が強化されましたが、まだ安定感に欠ける口コミが目立ちます。

特に回線が勝手に切断される件や再起動する不具合は不満が溜まります。毎日使うモノですし改善されないと困ります。

これからもファームウェアのアップデートは続くはずですが、安定するまで時間が掛かる印象です。契約・購入も3年ですし、現状ではおすすめしづらいです。

販売終了したWiMAX2+ ルーター

[ここをタッチすると表示します]

Speed Wi-Fi NEXT W03

  • 3CA(キャリアアグリゲーション)技術採用
  • 4G・LTE:下り最大370Mbps/WiMAX2+:220Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • NFC対応端末との接続設定がかんたんタッチでSSID・PWの入力は不要
  • 通信量カウンターが3日間表示に対応

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

Speed Wi-Fi NEXT WX02

  • 4×4MIMO技術採用
  • 下り最大220Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • Bluetooth対応
  • 通信量カウンターが3日間表示に対応

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

Speed Wi-Fi NEXT W02

  • キャリアアグリゲーション技術採用
  • 下り最大220Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • 通信量カウンターが3日間表示に対応

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

Speed Wi-Fi NEXT WX01

  • 4×4MIMO技術採用
  • 下り最大220Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
  • Bluetooth対応

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

Speed Wi-Fi NEXT W01

  • キャリアアグリゲーション技術採用
  • 下り最大220Mbps対応
  • IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15

このWiMAX2+ルーターは旧型のため購入・契約はできません。

WiMAX2+ルーターの性能比較一覧表

# W05 W04 WX04 WX03
本体
WiMAX2+ 下り最大558Mbps 下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
WiMAX2+ & LTE 下り最大708Mbps 下り最大440Mbps -
上り最大75Mbps 上り最大37.5Mbps 上り最大50Mbps -
ディスプレイ 約2.4インチ
重さ 約131g 約140g 約128g 約110g
バッテリー容量 2,750mAh 2,750mAh 3,200mAh 2,890mAh
充電時間 約120分 約120分 約160分 約140分
連続通信時間 約540分 約540分 約630分 約600分
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz対応)
UIMカード Nano IC Micro IC Nano IC Micro IC
USBタイプ TypeC micro USB
メーカー ファーウェイ NECプラットフォームズ

どのWiMAX2+モバイルルーターもカラーが2色ありまし、クレードルも発売されています。クレードルに関しては売り来てたり、そのまま販売終了もあるので必要と感じた場合は早めに手に入れましょう。

今月のイチオシWiMAX2+はGMOとくとくBB

WiMAX2+のルーターを扱うGMOとくとくBBの公式サイト

GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBは、どのWiMAX2+モバイルルーターも取り扱っており、特典のキャッシュバック金額も高額となっています。

2年間の通信費などからキャッシュバック金額を引くと、実質で月額3,000円を切ることができます。

auのスマホを利用中の方なら「auスマートバリューmine」という割引サービスが受けられます。このサービスに登録することで、実質2千円強まで利用料金を下げられます。

どこのプロバイダー(ISP)もそうですが、特典を受け取るませには時間が掛かります。GMOとくとくBBですと11ヶ月後になります。

GMOとくとくBBには、もう1つ目玉があります。それは「契約後20日以内で返品すれば、解約違約金が無料でキャンセルできる」です。条件は「WiMAX2+サービスエリア内の自宅が〇判定」だった場合です。

弊社で負担をさせていただくのは、解約違約金の24,800円(税抜)のみであり、事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料のご返金などはございません。月額利用料は端末発送日から当月末日までの日割料金とその翌月1ヶ月分発生いたします。

引用元:GMOとくとくBB公式サイト

オプションサービスも充実しており、もし不要だった場合はオンライン上から解約することができます。

GMOとくとくBBのWiMAX2+サービスはGMOインターネット株式会社が提供・運営しています

次のページでは「WiMAX2+ルーターを取り扱っている主なプロバイダー」について解説

トップページに移動する→WiMAX2+口コミ比較

copyright © 2014-2018 WiMAX2+口コミ比較 all rights reserved.