WiMAX2+アドバイザー

新auピタットプランN、フラットプラン、データMAXプランProとWiMAX2+を比較

2019年10月1日から施行される電気通信事業改正法によりauの料金プランが変わりました。

このページでは以下のauプランとWiMAX2+を比較して解説します。

  • 新auピタットプランN
  • auフラットプラン20N
  • auデータMAXプランPro

※すべて税抜き

WiMAX2+の料金は1番人気の「GMOとくとくBB、CB34,500円、ギガ放題(データ容量上限なし)、3年契約」で計算します。実質だと月額3,300円弱なので比較しやすように端数は切り捨てました。

すでにauユーザーもしくはこれからauと契約する人は「auスマートバリュー」が適用されます。割引き額として月500円~1,000円安くなる場合があります。

auの旧プランと比較したい人は以下のページを参考にしてください。

auで20ギガ30ギガでも足りない方必見!WiMAX2+でギガ不足と節約を両立しよう!

目次

新auピタットプランNとWiMAX2+の比較

新auピタットプランNとWiMAX2+の料金比較

新auピタットプランNは3段階の従量制です。もしauのiPhoneやAndroidスマホとWiMAX2+を一緒に使いたい場合に1番安く(6,280円)済むプランになっています。

節約目的でWiMAX2+の契約を考えると、このプラン内ではお得になりません。

新auピタットプランNの1GB+WiMAX2+と7GBを契約した場合の比較

例えばデータ通信量が月7ギガで十分だと考えたとき、au1ギガとWiMAX2+の組み合わせよりau7ギガだけを契約した方が安くなります。

しかし、次で解説するプランと比較すると話は変わってきます。

auフラットプラン7プラスNとWiMAX2+の比較

auフラットプラン7プラスNは月間7ギガ使えるプランです。前述の新auピタットプランNの7GB利用時(5,980円)と比べると月500円安くなります。auスマートバリューも増額されるためWiMAX2+との組み合わせは月1,000円安いです。

これはauの2つのプランを比較したグラフです。データ通信量が4ギガ以内なら「新auピタットプランN」、4ギガを超えると「auフラットプラン7プラスN」がお得です。

ただ、4ギガがボーダーラインになっていますが、ギリギリまで使うともう一段上の料金になる危険性があるため、実際には3.8ギガくらいが限界でしょう。

auフラットプラン7プラスNのメリットとしては、速度制限中の速度が送受信最大300kbpsな点です。新auピタットプランNは送受信最大128kbpsなので2倍以上の差があります。低速でのスピード差なので体感ではとても大きな違いを感じます。

auデータMAXプランProとWiMAX2+の比較

auデータMAXプランProはデータ容量上限がありません。WiMAX2+のギガ放題も上限が無いため、組み合わせて使うよりどちらを使うかになると思います。

料金だけを比べますと圧倒的にWiMAX2+が安いです。スマホは通話機能が込みなので高いのは当たり前ですが、それでも金額差はデカいです。

機能面ではテザリング(パソコンやiPadなどと接続して通信)が20ギガまでの制限があることです。せっかくのデータ容量上限なしが生かせません。

それなら、auフラットプラン7プラスN(月間7ギガ)とWiMAX2+を組み合わせれば7,780円になるので、そちらの方が良いと思います。

auデータMAXプランProのメリットをあげれば、スマホ1台で済むことくらいでしょうか。スマホしか持っていない人向けのプランになりますね。

【2019年12月】WiMAX2+冬のキャンペーンはまだまだ熱い!

おすすめ記事