WiMAX2+アドバイザー

WiMAX2+とスマホのプランをデータ通信量別に比較!どのプランがお得かわかります

一ヶ月の通信量を増やしたいと思ったら、スマホのプラン変更を検討すると思います。料金に不満がなければそのままプラン変更するはずです。

反対にもう少し安くできないかな?もっと使える通信量を増やしたい!けど何かないかな?とWiMAX2+について比較、検討し始める方もいるでしょう。

そんな方にスマホとWiMAX2+を兼用したら料金がどうなるのか?について表を交えて解説します。

更新

WiMAX2+とスマホのデータ通信量別の比較

サービス 7GB 20GB 30GB 50GB 99GB
WiMAX2+ ¥3,609 ¥4,263 ¥4,263 ¥4,263 ¥4,263
ドコモ 5G ¥6,150 ¥7,650 ¥7,650 ¥7,650 ¥7,650
au 5G ¥5,980 ¥8,480 ¥8,480 ¥8,480 ¥8,480
ソフトバンク 5G ¥8,480 ¥8,480 ¥8,480 ¥8,480 -

上の表はすべて税抜き、2年契約の料金です。(WiMAX2+のみ3年契約の料金)

2020年10月2日現在、契約できるデータ通信量別の料金です。過去のプランを契約中の方は請求書を見て比較してみてください。

スマホの7ギガとWiMAX2+を比較

サービス 7GB
WiMAX2+ ¥3,609
ドコモ 5G ¥6,150
au 5G ¥5,980
ソフトバンク 5G ¥8,480

上の表はすべて税抜き、2年契約の料金です。

WiMAX2+とスマホの7ギガを比較すると2,000円以上の開きがあります。料金だけを見るとWiMAX2+がお得ですが、実際には通話機能があるスマホを捨てるわけにもいきません。

そのため、スマホを最低料金になるプランに変更してからWiMAX2+を契約するのが現実的でしょう。

7ギガまでならそのままでも良い

サービス 1GB 1GB+WiMAX2+
ドコモ 5G ¥3,150 ¥6,759
au 5G ¥2,980 ¥6,589
ソフトバンク 5G ¥3,980 ¥7,589

上の表はすべて税抜き、2年契約の料金です。

3社の最低料金とWiMAX2+を組み合わせた料金です。各社の1ギガにWiMAX2+の料金を加算すると月6,600円~7,500円くらいになります。

7ギガまでならドコモとauはスマホだけの方が安く済みますね。反対にソフトバンクはWiMAX2+と組み合わせた方が安いです。

スマホの20ギガから30ギガと比較

サービス 20GB 30GB
WiMAX2+ ¥4,263 ¥4,263
ドコモ 5G ¥7,650 ¥7,650
au 5G ¥8,480 ¥8,480
ソフトバンク 5G ¥8,480 ¥8,480

上の表はすべて税抜き、2年契約の料金です。(WiMAX2+のみ3年契約の料金)

各社とも20ギガと30ギガの料金差はありません。ドコモは4Gのプランだと30ギガが上限でしたが、5Gのプランでは100ギガになっています。

au、ソフトバンクは変化なしです。

WiMAX2+はギガ放題プランになるので月間データ容量の上限がありません。

スマホの50ギガ以上プランとの比較

サービス 50GB 99GB 上限
WiMAX2+ ¥4,263 ¥4,263 なし
ドコモ 5G ¥7,650 ¥7,650 100GB
au 5G ¥8,480 ¥8,480 なし
ソフトバンク 5G ¥8,480 - 50GB

上の表はすべて税抜き、2年契約の料金です。(WiMAX2+のみ3年契約の料金)

WiMAX2+とスマホの大容量プランを比較すると3,400円以上の開きがあります。7ギガプランより金額差が広がっています。

データ容量が一番少ないソフトバンクですが、指定された動画やSNSは使い放題になっています。

そのため数字以上に使えるのですが、対象外の動画サービスNetflixやDAZNなど視聴する人には不向きでしょう。

次はデータ容量が100ギガのドコモですが、データ量無制限キャンペーン中なのでauと同等となっています。ただ、終了期間が未定なのでいつまで使えるのか注意です。

auは最初からデータ使い放題を謳っています。

テザリング

サービス テザリング上限
ドコモ 5G 今はなし
au 5G 30GB
ソフトバンク 5G 50GB

この表はテザリングで利用できるデータ容量です。

テザリングで利用できるデータ容量が一番少ないのが30ギガのauです。スマホだけの利用ならデータ使い放題ですが、タブレットやパソコンに接続して使う場合は制限しますと受け取れます。

ちなみにもうひとつ上のプラン(データMAX 5G Netflixパック)などにすれば、+1,000円でテザリングのデータ容量が60ギガになります。

ソフトバンクはテザリングでも利用できるデータ容量は変わりません。ただ、テザリングをするには月額500円の「テザリングオプション」を契約する必要があります。

ドコモも利用できるデータ容量は変わりませんが、ソフトバンクのように別料金は掛かりません。

WiMAX2+はテザリングする人向けになる

少し前まではスマホで利用できるデータ容量が7ギガなど上限がありました。そのため足りない分はWiMAX2+で安価に補うのがお得でした。

現在は、携帯電話キャリアでも大容量プランが増え、WiMAX2+と2台持ちをしても割安感が薄れています。

2020年10月現在、ドコモの5Gギガホは 7,650円、ドコモの5Gギガライト1GBとWiMAX2+のギガ放題の2台持ちでは 7,413円です。

200円ほどの料金差ならドコモの5Gギガホだけを利用するのが良いでしょう。

ただ、ドコモの使い放題キャンペーンが終了したらテザリングできるデータ容量が100ギガになるので、WiMAX2+を選択するのもアリになってきます。

大容量プランとWiMAX2+の2台持ちした場合の料金

サービス スマホとWiMAX2+ WiMAX2+割引き後の料金
ドコモ 5G ¥11,913 ¥11,085
au 5G ¥12,743 ¥11,915
ソフトバンク 5G ¥12,743 ¥11,915

上の表はすべて税抜き、2年契約の料金です。(WiMAX2+のみ3年契約の料金)

左側の料金は3社の大容量プランとWiMAX2+ギガ放題を契約したときの月額料金です。

右側の料金はWiMAX2+の割引きを適用したときの月額料金を表示しています。

携帯電話キャリアの割引を適用したとしても1万円前後の出費となりそうです。

サブブランドや格安SIMと組み合わせた場合の料金

サービス データ容量 月額 スマホとWiMAX2+ WiMAX2+割引き後の料金
UQモバイル 10GB ¥2,980 ¥7,243 ¥6,415
3GB ¥1,980 ¥6,243 ¥5,415
OCNモバイルONE 6GB ¥1,980 ¥6,243 ¥5,415
1GB ¥1,180 ¥5,443 ¥4,615

上の表はすべて税抜き。(WiMAX2+のみ3年契約の料金)

参考までにサブブランドと格安SIMの料金を載せます。ドコモなど3社と組み合わせるより半額近くになります。節約を考えているのならMNP(携帯電話の乗り換え)も検討すべきです。

スマホ5GとWiMAX2+まとめ

関連記事

auについて詳しく解説したページがありますので以下のページを参考にしてください。

新プラン:「au 5GプランとWiMAX2+を比較して紹介

おすすめ記事